スポンサーリンク

【2018最新】Amazon Fireタブレットを徹底解説!【安い・おすすめ】

※2018年7月28日更新

タブレット端末はもうiPad一強の時代ではありません。

様々な性能・機能のタブレット端末が登場しています。

その中でAmazonが販売している「Fireタブレット」はコスパ最強のタブレット端末だと言えます。

当記事では「Fireタブレット」の魅力を徹底解説していきます。

Amazon Fireタブレットとは

「Fireタブレット」とはAmazonが販売するタブレット端末のことを言います。

電子書籍端末である「Kindle」シリーズとは異なり、カラーの液晶を持ち、様々なアプリをインストールしたり、動画や音楽などのメディアコンテンツを通常のタブレットと同様に楽しむことが出来ます

端末価格も安く、「Fireタブレット」は初めてタブレットを使いたいという方にピッタリなタブレットです。

 

Amazon Fireタブレットのおすすめポイント

圧倒的な価格の安さ

「Fireタブレット」の一番のおすすめポイント・・・それは圧倒的な価格の安さです。

現在、「Fireタブレット」は3機種が販売されており、その価格は以下の通りです。

  • Fire7(8GB)・・・¥5,980
  • Fire HD 8(16GB)・・・¥8,980
  • Fire HD 10(32GB)・・・¥15,980

エントリーモデルのFire7であればなんと¥5,980から購入することが可能です。

性能差はありますが、「iPad」の最低価格は約¥38,000。

これだけでも「Fireタブレット」の安さは一目瞭然だと思います。

また、安いだけではなくネットサーフィンや動画鑑賞、読書などをサクサク楽しむことが可能です。

ぐーがー
iPadのようにノートパソコンの代わりは難しいですが、タブレット端末として標準的な性能は兼ね揃えている端末です!

FireタブレットはAmazonプライムとの相性が抜群

「Fireタブレット」はAmazonプライムと組み合わせることでより便利に利用することが可能です。

Amazonプライムに加入し、かつ「Fireタブレット」を所持している場合、Kindleオーナーライブラリーという特典を受けることが可能になります。

これはAmazonプライム会員でFireタブレットを活用している場合、1月に1冊対象の本を無料で購読することが出来るという特典です。

1月、1冊無料で本を読めるので、「Fireタブレット」を利用して読書をしたいと考えている方にとって非常にお得なサービスでしょう。

また、Amazonプライムに加入することで他にもAmazonに関する様々なサービスを受けることが出来ます。

「Fireタブレット」を購入する際は、Amazonプライムの加入についても考慮したほうが良さそうですね。

▼Amazonプライムの特典を詳しく知りたい方はこちら(無料体験も可能です。)

【まずは無料体験!】Amazonプライムのおすすめポイントを徹底解説!

2018.01.02

充実したエンターテイメントを楽しめる

読む

FireタブレットはKindleストアより400万冊以上の本を購入することが可能。

多くの電子書籍は紙の本よりも安く購入することが可能なためより便利にお得に本を楽しめます。

また、Fireタブレットに標準で装備されている「Blue Shade機能」によりブルーライトを抑制し、快適な読書を楽しむことが出来ます。

ぐーがー
もちろんKindle以外の様々な漫画アプリや読書アプリを楽しむことも出来ますよ!

観る

動画配信サービス「Amazonビデオ」では5万本以上の動画を視聴することが可能。

もちろん「YouTube」や「NetFlix」、「Fulu」等の動画コンテンツを楽しむことも可能です!

ぐーがー
Amazonプライムの会員であれば無料でドラマや映画を楽しめる「Primeビデオ」を楽しむことが出来ますよ。

聴く

Amazonのデジタルミュージックストアからは2,500万曲以上の楽曲を購入することが可能です。

iTunes顔負けですね。

ダウンロードした曲はいつでもどこでも楽しむことが出来ます。

ぐーがー
Amazonプライムの会員の場合、「Primeミュージック」で音楽聴き放題サービスにも対応していますよ!

遊ぶ

FireタブレットはAndroidをベースとしたOS「FireOS」を利用しています。

そのためAndroidで使えるほとんどのアプリを利用することが出来ます。

ぐーがー
人気のゲームアプリやソーシャルアプリなど様々なアプリを楽しめますよ。

漫画、雑誌好きにピッタリ

「Fireタブレット」は電子書籍リーダーとしても利用できますが、その中でも漫画、雑誌好きの方にピッタリな端末となっています。

Fireタブレットのディスプレイは色鮮やかなカラーディスプレイ。

そのため、漫画(カラー)や雑誌をより鮮やか、キレイに楽しめます。

Fireタブレットの大きな液晶により、見開きでの表示が可能となり大迫力の見開きシーンも紙の本同様に楽しめます。

また、本体のストレージとmicroSDカードを利用することで大量の本をFireタブレット1つに集約して持ち運ぶことが可能になります。

ぐーがー
Fireタブレットを利用すればストレスなく漫画、雑誌を楽しむことが出来ますね。

▼より読書に特化した端末「Kindle」について興味のある方はこちらもチェック

【2018年最新版】Kindle(キンドル)のおすすめ機種、魅力を徹底解説!!

2018.01.07

AndroidをベースとしたFireOS搭載!

インターフェースが使いやすい

FireOSのインターフェースは動画、音楽のために最適化されています。

よく利用するコンテンツに即アクセスすることが出来るため、読みかけの本、視聴途中の映画や音楽をすぐ再開させることが可能。

また、Amazonのレコメンド機能により利用者の好みに合わせた本、映画、ドラマやアプリを自動的に紹介してくれます。

 

Word Runner機能搭載

新たな英語本の速読法「Word Runner機能」がFireOSには搭載されています。

文章を単語ごとに分け画面中央に表示。

目の焦点を保ってくれるため読書効率が上昇します。

単語が表示される間隔を自分で調節出来るので英語をこれから始める方にもピッタリな機能です。

 

ASAP機能で好みの動画、音楽を即再生

ASAP機能は過去に観た作品の傾向に基づいてFireタブレットが自動的に好みに合った作品の再生準備をしてくれるという機能です。

これにより今まで知らなかった素敵な作品に出会える可能性が高まります。

ASAP機能はFireタブレットを使えば使うほどその精度が高まり、よりあなたの望む作品を提供してくれます。

ぐーがー
Amazonプライム会員ならASAP機能により、プライムビデオの第一話を自動でダウンロードし、インターネット接続なしで視聴できるように準備してくれるようです。

Whispersync機能で更に快適なメディアライフをあなたに

Fireタブレットで楽しんだビデオ、音楽、本(Amazon内で購入したコンテンツ)はWhispersync機能により同期されます。

これにより他端末でそのコンテンツを楽しむ際に同じシーンからコンテンツを再開させることが可能となります。

ぐーがー
イチイチ手動で「続き」のシーンを探す手間が省けて便利ですね。

Fireタブレットのイマイチなポイント

GPS機能が無い

FireタブレットにはGPS機能が付いておらずマップなどの位置情報を活用するアプリを利用することが出来ません

タブレットの大画面をカーナビのように利用することも出来ませんし、ポケモンGOのような位置情報を使うサービスを利用することも出来ません。

タブレット端末でGPS機能を使いたいという方はFireタブレットではなく、別のタブレット端末を購入することをおすすめします。

▼GPSが使える、おすすめのタブレット端末を知りたい方はこちら

【コスパ最強】Android(アンドロイド)タブレットおすすめランキング

2018.03.25

Amazon独自のストア経由でないとアプリをDLすることが出来ない

また、FireタブレットはAndroidベースのOSですが、Amazon独自のストア経由でないとアプリをDLすることが出来ず、そのためAndroidに比べ使えるアプリが少ないです。

LINEなども現状では使えないのでLINEをタブレット端末でも使いたい!という方は購入を考えたほうがいいかもしれません。

 

Wi-Fiタイプの端末しかない

FireタブレットはWi-Fiタイプの端末しかなく、ネットを利用する場合

  • 無線LANルーター
  • ポケットWi-Fi

などを利用する必要があります。

ドコモ等のキャリアで購入したスマホのように端末だけでネットが利用できるわけではないので注意しましょう。

▼Fireタブレットをより便利にするおすすめのモバイルルーター、無線LANはこちら

通信制限を回避!おすすめのモバイルルーターランキング

2018.05.14

【2018年最新】おすすめの無線LANルーターで通信速度を改善!

2018.02.24

安くて使える!「Amazon Fireタブレット」スペックを徹底比較

Amazon Fireタブレット スペック比較表

端末名称 Fire7 Fire HD 8 Fire HD 10
価格  ¥5,980 ¥8,980 ¥15,980
ディスプレイサイズ  7インチ 8インチ  HD 10.1インチ HD
解像度  1024 x 600 (171 ppi)  1280 x 800 (189ppi)  1920 x 1200 (224ppi)
プロセッサ  クアッドコア1.3GHz  クアッドコア1.3GHz  1.8GHz x 2、1.4GHz x 2 クアッドコア
オーディオ  モノラルスピーカー
マイク
 Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
 Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
ストレージ  8/16GB  16/32GB  32/64GB
microSDカード  256GBまで対応  256GBまで対応  256GBまで対応
カメラ  フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
 フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
 フロントHDカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
バッテリー  8時間  12時間 10時間
サイズ  192 x 115 x 9.6mm  214 x 128 x 9.7mm  262 x 159 x 9.8mm
重量  295g  369g  500g

(Amazonより引用)

Fireタブレットはディスプレイサイズが大きくなるにつれて性能、価格も向上していきます。

以下に各Fireタブレットの特徴をまとめましたので、購入の際に参考としてください。

安くて使える!Amazon Fireタブレットシリーズの紹介

Fire7

Fire7の最大の特徴はなんといってもその安さ

5,980円という安価な価格でタブレットが購入出来ちゃうんです!

まさに破格ですね。

格安タブレットなので多くのことを望むことは出来ませんが、ちょっとしたゲームをしたり、動画を観たりと標準的な使い方であれば問題なく動作してくれます。

とにかくタブレットがほしい!という人にはうってつけです。

おすすめポイント
  • とにかく安い!5,000円台で買えるタブレット
  • ゲーム、読書、動画鑑賞などに使える。

Fire HD 8

Fireタブレットシリーズの中で最もコスパの良いタブレットです。

Fire7と比べ

  • HD画質の8インチ液晶
  • ステレオスピーカー
  • 16/32GBのストレージ
  • 12時間という長時間もつバッテリー

を有しており、かつ10,000円以下で購入が可能です。

よりタフに快適に、タブレット端末を使い倒したい方はFire8HDの購入をおすすめします。

おすすめポイント
  • Fireタブレットシリーズ、コスパ最強のタブレット
  • より快適なタブレットライフを送りたい方におすすめ

Fire HD 10

画面が10.1インチと大きく、大画面で映画や読書を楽しむことが出来ます。

Amazonには子供が楽しめるコンテンツもたくさんあるため、ファミリーでの利用もおすすめです。

スピーカーのみならずプロセッサも向上しているため多少負荷のかかる動作でもなんなくこなしてくれます。

端末の容量も多いため他のFireシリーズに比べ多くの書籍を持ち運ぶことが出来ます。

個人、ファミリーで、Amazonコンテンツを贅沢に楽しみたい方におすすめのタブレットです。

おすすめポイント
  • ファミリーでも楽しめるタブレット
  • Fireタブレットシリーズ随一の高機能
  • Amazonの多彩なコンテンツを楽しめる。

安い、超おすすめのAmazon Fireタブレット徹底解説 まとめ

Fireタブレットはあなたのメディアライフをより快適に、楽しくしてくれるおすすめのタブレット端末です。

価格も非常に安く、かつタブレット端末として標準的な性能を兼ね揃えていますので、「初めてタブレット端末を使う」という人でも安心して利用することが出来ます。

母の日、父の日のプレゼントにも最適だと思います。

Fireタブレットでより快適なメディアライフを送りましょう。

▼タブレット携行時の必需品!おすすめのモバイルバッテリーはこれだ!

【2018年最新】モバイルバッテリーの選び方とおすすめ製品ランキング

2018.02.01

▼家庭での充電に「消耗している」アナタ!おすすめの急速充電器はこちらから!

【2018年最新】スマホに超便利!おすすめのUSB充電器ランキング

2018.01.09

スポンサードリンク







コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

就活アドバイザー 人事部での採用担当としての経験と自身の苦労した就活体験をもとに 就活をサポートするサービスを発信し、就活・転職者を応援している。 家電、ガジェットブロガーでもあり、様々な便利アイテムをブログを通して紹介している。