スポンサーリンク

【ソフトバンクユーザー必見】iPhoneをそのまま使える!おすすめmvno(格安SIM)3選

これまでのmvno(格安SIM)はドコモ・au回線を利用したものばかりでしたが、この度ソフトバンク回線を利用したmvnoが続々と登場しています。

これにより、ソフトバンクユーザーがより気軽にmvnoに乗り換えることが可能となりました。

当記事では

  • 今より安くiPhone、スマホを使いたい
  • ソフトバンクで利用しているiPhone、スマホをSIMロック解除せずにそのままmvno(格安SIM)に移行したい
  • そもそもソフトバンクのiPhone、スマホを利用できるmvnoってあるの?おすすめは?

こんな方々の悩みをスマホショップでアドバイザーをしていた私、ぐーがーが解消していきます!

ソフトバンクユーザーのみなさん、mvnoでお得にスマホを楽しみましょう。

mvno(格安SIM)って何?

mvnoとは何か、簡単に説明すると「通信設備を持たず大手キャリアの電波を一部利用して格安でスマホ・iPhoneを提供しているキャリア」のことです。

ドコモ、au、ソフトバンクは通信設備の管理、投資などに多額の資金を投じるため月額料金を中々引き下げることが出来ません。

その反面、mvnoキャリアは通信設備を持たないため、その分の費用がかからないこと等もあり、大手キャリアより月額料金を安くすることが出来るのです。

大手キャリアに比べサービスに乏しいところは否めませんが、それでもうまくプランを組むことで大手キャリアの半額以下の利用料でスマホ・iPhoneを利用することも可能なため、今では多くの方が大手キャリアからmvnoに移行しています。

ぐーがー
月々のスマホ・iPhoneの月額料金を安くしたいのであればmvnoに移行すべきでしょう。

ソフトバンクから簡単にmvnoに移行できるようになった理由

ソフトバンク回線を利用したmvnoの登場

mvnoは前項にて説明した通り、大手キャリアの電波を一部利用しています。

一般的にほとんどのmvnoがドコモ、もしくはauの電波を利用しています。

例えばドコモユーザーの方が、mvnoに乗り換えようとしたとき、そのmvnoキャリアがドコモの回線を利用して入れば、約3,000円程度かかるSIMロックの解除をせずとも端末をmvnoキャリアでそのまま利用することが可能です。

 

かつて、ソフトバンクの回線を利用しているmvnoが無かったため、ソフトバンクユーザーは

  • mvnoキャリアで新規に端末を購入する
  • 約3,000円かかるSIMロック解除を行いmvnoでスマホ・iPhoneを利用できるようにする

どちらか一方を選択せざるを得ませんでした。

ぐーがー
安さを求めてmvnoに移行するのに余計なお金がかかるのは面倒ですよね・・・

現在、まだまだ数は少ないですがソフトバンクの回線を利用しているmvnoが登場しています。

これによりソフトバンクユーザーも「今のスマホ・iPhoneをそのままmvnoで利用できる」ようになりました。

ソフトバンクユーザーも簡単にmvnoに移行することの出来る時代がやってきたのです!

ぐーがー
当記事ではソフトバンクの回線を利用しているおすすめのmvno(格安SIM)を紹介していきます!

ソフトバンクユーザー必見!!SB回線を利用したおすすめmvno(格安SIM)3選

Repair SIM(リペアSIM)

〇月額利用料金(音声+データプランのみ)

データ容量 月額料金 最低利用期間
3GB 1,780円(7月末までにMNPで3か月980円に!) 12か月

(12か月内の解約は
違約金9,500円)

5GB 2,180円
7GB 2,780円
10GB 3,480円
20GB 4,980円

※通話料=20円/30秒

〇かけ放題オプション

5分かけ放題プラン 850円

動作確認端末を調べる

 

Repair SIM(リペアSIM)はiPhone修理でおなじみ「あいさぽ」が展開しているmvnoです。

Repair SIMの最大の特徴はiPhone修理のキャッシュバック。

iPhoneが壊れた際の修理費用が最大全額キャッシュバックされます。

修理業者ならではの素晴らしいサービスですね。

また、再度修理することになったとしてもRepair SIMを契約している期間は10%の割引を必ず受けられます。

月額利用料は格安にも関わらず、手厚いサービスを受けることの出来るmvnoと言えるでしょう。

ぐーがー
3GBプランであれば、7月末までのMNPで3か月980円で運用可能です。
おすすめPoint
  • iPhone修理のキャッシュバック(最大全額)
  • 5分かけ放題プラン
  • 7月末までにMNPで3GBプランを3か月980円で利用可能

U-mobile S(データ通信のみ)

〇月額利用料金(データプランのみ)

データ容量 月額料金 最低利用期間
1GB 880円 無し
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

動作確認端末を調べる

 

通話やLINEを利用することは出来ませんが、とにかく安くソフトバンクのiPhoneをmvnoで利用することが出来ます。

最低利用期間が無く、いつでも自由に解約することが出来るので、手軽に契約することの出来るmvnoだと言えます。

  • ネット利用だけでいいのでソフトバンクのiPhoneをより安く利用したい
  • 昔使っていたソフトバンクのiPhoneをサブ機として復活させたい

そんなあなたにおすすめのmvnoがU-mobileです。

おすすめPoint
  • 解約金無し
  • データ利用限定プランのため月額料金が安い

b-mobile

〇月額利用料金(音声+データプラン)

データ容量 月額料金 最低利用期間
1GBまで 990円 5か月

(5か月内の解約は
違約金8,000円)

2GBまで 1,490円(以降10GBまで1GB毎に500円)
10GBまで 5,490円(以降10GBまで1GB毎に350円)
15GBまで(最大) 7,240円

※通話料=10円/30秒(無料通話アプリ利用時)

〇かけ放題オプション(無料通話アプリ利用時)

5分かけ放題プラン 500円

利用確認端末を調べる

 

b-mobileは月々のデータ利用料に応じて月額料金が990円~最大7,240円まで変動します。

常にデータ通信を行うような方にb-mobileをおすすめすることは出来ませんが、月々のデータ通信量に差のある方がこのプランを利用すると一律のデータ通信プランに比べて安くスマホ・iPhoneを利用することが可能になります。

使い方が少し難しいかもしれませんが、上手く使えば使うほどスマホ・iPhoneの月額料金を安くすることが出来ます。

おすすめPoint
  • うまく利用すればより安くスマホ・iPhoneを利用できる
  • かけ放題プラン
  • 専用アプリによる通話料金が安い

ソフトバンクユーザーにおすすめしたいiPhoneをそのまま使えるmvno(格安SIM)まとめ

  • 充実したサービスを求めるならRepai SIM(リペアSIM)
  • とにかく安くiPhoneを利用したいのならU-mobile S
  • 月々のデータ通信の利用状況に大きな差があるのであればb-mobile

それぞれ別々の特徴があるので、より自分にあったmvnoを選択するようにしましょう。

ソフトバンクユーザーも簡単にmvnoに乗り換えられる時代がやってきました。

mvnoに乗り換えてより安くスマホ・iPhoneライフをエンジョイしましょう。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

就活アドバイザー 人事部での採用担当としての経験と自身の苦労した就活体験をもとに 就活をサポートするサービスを発信し、就活・転職者を応援している。 家電、ガジェットブロガーでもあり、様々な便利アイテムをブログを通して紹介している。