スポンサーリンク

【簡単寄付で税金を安く】ふるさと納税おすすめサイトまとめ




焼肉!

もつ鍋!!

蟹の刺身!!!

我が家の食卓はふるさと納税のおかげで非常に潤ったものとなりました。

ふるさと納税は

  • 食物などのお礼品
  • 税金の還付・控除
  • 各地域への納税

を行うことのできる素晴らしいサービスです。

当記事ではふるさと納税やり方からおすすめのサイトまでそのすべてを徹底的に解説していきます。

 

【簡単寄付で税金を安く①】そもそもふるさと納税って何?

ふるさと納税とは(自分の故郷以外を含む)各自治体に寄付ができる制度です。

もちろんただ寄付をするだけではありません。

ふるさと納税を行うことで「お礼品がもらえる」、「税金が還付・控除される」など様々なメリットがあります。

ぐーがー
ふるさと納税はお得しかありません!まだ利用したことのない方は、当記事を参考にして利用してみませんか。

【簡単寄付で税金を安く②】ふるさと納税のメリットって何?

【ふるさと納税のメリット①】お礼品がもらえる

ふるさと納税を行うことでお礼品をもらうことができます。

お礼品は各地域の特産品であることが多く、食べ物から酒、はたまた工芸品まで様々なものがお礼品となっています。

ぐーがー
僕はふるさと納税で様々な食べ物をゲットしました。おかげで我が家の食卓事情が潤いましたね。

【ふるさと納税のメリット②】税金が還付・控除される

お礼品がもらえ、かつ税金が還付・控除される。

ここがふるさと納税の最大のメリットであるといえるでしょう。

年収により控除上限額はありますが、寄付した金額が

  • その年の所得税から還付
  • 翌年度の住民税から控除

されます。

重ね重ねですが、お礼品を貰えてしかも税金が安くなるなんて神制度ですよね。

基本的には確定申告による還付、控除申請を行う必要があるのですが、サラリーマン(かつ確定申告の必要が無い方)の場合、「ふるさと納税ワンストップ制度」という制度により確定申告無しで簡単にふるさと納税の利用が可能です。

ぐーがー
ふるさと納税ワンストップ制度はとても簡単に利用できます。確定申告を懸念してふるさと納税をあきらめる必要はありませんよ。

【ふるさと納税のメリット③】好きな地域を選んで寄付ができる

「ふるさと納税」というと自分の地元にしか寄付出来ないと思われる方もいるとは思いますが、「ふるさと納税」は好きな地域を選んで寄付を行うことが出来ます。

各自治体ごとにお礼品も異なります。

自分の応援したい地域、好きなお礼品がある地域を選んで「ふるさと納税」を利用するようにしましょう。

 

【ふるさと納税のメリット④】複数の地域に寄付ができる

ふるさと納税は何もひとつの地域にしか寄付ができないという訳ではありません。

お礼品や応援したい地域に合わせて複数の地域に寄付をすることができます。

自分のふるさと納税の控除上限額と相談して様々な地域に対してふるさと納税をしてみてはどうでしょうか。

補足
確定申告のいらないワンストップ申請を行う場合、寄付をする地域は最大5つまでとなり、それを超えると確定申告を行う必要が出てしまうため注意しましょう。

【寄付で税金を安く③】ふるさと納税のやり方【簡単】

  • お礼品はもらいたいけどふるさと納税って複雑そうで手が出ない
  • 確定申告が面倒だからふるさと納税を避けている

そういった方々も多いのではないでしょうか。

ふるさと納税は簡単に利用できるサービスですし、サラリーマンの方であればワンストップ申請を利用すれば確定申告無しで利用することができます。

ふるさと納税のやり方をここでは徹底的に解説していきますので、ぜひ参考にしてお得な制度を利用してみてください。

補足
ワンストップ申請は「元々確定申告をする必要のない方」が利用できるサービスです。

サラリーマンでも確定申告をする必要のある方は利用できないため注意しましょう。

【ふるさと納税のやり方①】まずは自分の控除上限額を知ろう

ふるさと納税は年収、家族構成に合わせ、控除上限額が存在します。

この控除上限額を知らず、ふるさと納税を活用すると大きな損に繋がる恐れがあるため注意が必要です。

控除上限額を知れば最大2,000円の自己負担額でお礼品を手に入れることが可能です。

ふるさと納税をする際、まずは自分の控除上限額を調べることから始めましょう。

ぐーがー
控除限度額はふるさと納税のサイトで確認することができるので、自分の年収、家族構成を入力して限度額を確認しましょう。

【ふるさと納税のやり方②】控除上限額に合わせ、地域を選んでお礼品をゲットしよう

自分の控除上限額を知った後は地域を選んでお礼品をゲットしていきましょう。

ワンストップ申請を利用する方は5つの地域が申請の限度となっているため注意しましょう。

  • お酒
  • 食べ物
  • 衣類品
  • 生活雑貨

等々地域ごとに様々なお礼品が存在しています。

ふるさと納税は「さとふる」を始め様々なサイトで行うことができます。

サイト毎に特徴があるため自分の欲しいお礼品があるサイトを利用することがベストです。

ぐーがー
当記事ではおすすめのふるさと納税サイトを厳選して紹介しています。

【ふるさと納税のやり方③】ワンストップ申請もしくは確定申告をしよう

お礼品をゲットした後は税金の還付控除申請を行いましょう。

申請を行わないと、税金が還付・控除されず損をしてしまうため注意です。

申請はワンストップ申請、もしくは確定申告を行います。

自分がワンストップ申請、確定申告どちらで申請を行うべきか、下記に表としてまとめましたのでぜひ参考にしてください。

ぐーがー
ワンストップ申請であれば超簡単に申請ができますよ!
ふるさと納税申請方法早見表

ワンストップ申請 確定申告の必要がない
かつ
5つまでの地域で納税をした方
確定申告 確定申告を行う必要がある
または
5つ以上の地域で納税をした方

【寄付で税金を安く⑤】ふるさと納税おすすめサイト3選

【ふるさと納税おすすめサイト①】さとふる

2年連続ふるさと納税認知度、利用意向ナンバー1、定番のふるさと納税サイトです。

初心者でも非常に使いやすいサイトで特産品の情報を簡単に探すことができます。

ふるさと納税初心者の方はまずこのサイトでふるさと納税のやり方やお礼品の情報を調べてみることをおすすめします。

ぐーがー
さとふるはお礼品の種類や価格帯も豊富。さとふるを利用すればふるさと納税は問題無しです。

【ふるさと納税おすすめサイト②】楽天ふるさと納税

よりふるさと納税をお得に利用したい

楽天カードを使っている(もしくは使いたい)

という方に楽天ふるさと納税はおすすめです。

ふるさと納税をすることで楽天ポイントをゲットすることができます。

楽天カードを持っていればよりお得にふるさと納税を楽しむことが可能です。

ぐーがー
楽天をよく使っている方はふるさと納税も楽天で行うのがベストです!

【ふるさと納税おすすめサイト③】Wowma!ふるさと納税

auユーザーであれば、ぜひ利用したいふるさと納税サイトです。

WALLETポイント、Wow!スーパーポイントを活用してふるさと納税を行うことができます。

また、auかんたん決済を利用することでauの月額料金と合算して支払うことが可能なため支払いまで簡単に済ませてしまうことができます。

auユーザーはぜひWowma!ふるさと納税でふるさと納税を行いましょう。

【寄付で税金を安く】ふるさと納税おすすめサイト まとめ

ふるさと納税を行うことでお礼品や税金の還付・控除を受けることができます。

また、自分に合ったサイトを利用することでよりお得にふるさと納税を行うことができます。

当記事を利用してよりお得にふるさと納税を行いましょう。

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

就活アドバイザー 人事部での採用担当としての経験と自身の苦労した就活体験をもとに 就活をサポートするサービスを発信し、就活・転職者を応援している。 家電、ガジェットブロガーでもあり、様々な便利アイテムをブログを通して紹介している。