スポンサーリンク

電気ケトルの危険性とは。安全なおすすめケトルはこれだ!




※2018年8月16日更新

前々から思っていたんですが、ケトルって危険なものが多くないですか?

確かにケトルは便利です。

スイッチ一つでお湯が沸いてさっと使えます。

でも、よく見かける「あのケトル」って非常に危険だと思うんです。

今回は従来のケトルの危険性、そして安全なケトルをご紹介したいと思います。

電気ケトルの危険性とは

f:id:mintyqp:20171220204217p:plain

上記のようなタイプのケトル、確かにオシャレだし便利です。

でも、すごく危険だと思います。

セーフティもなくすぐにお湯が注げてしまうので、ヤケドなどの事故も多いのではないでしょうか。

お子さんのいる家庭だと更に危険。

簡単にお湯を沸かして注げる反面、手荒に扱ってふとケトルを転倒させてしまったとしたら・・・・大惨事です

今、販売されている湯沸かしポットのほとんどにセーフティ機能が付いていると思います。

現状、湯沸かしポットを購入するつもりはないですが、買うなら必ずセーフティ機能が付いているものを買います。

ケトルだってお湯を沸かす危険な機械です。

「ただなんとなくこれ」、ではなく安全面にも配慮したケトルを購入すべきだと思います。

 

電気ケトルの危険性とは。安全に使えるケトルはこれ!

ここからは「安全なケトル」をご紹介していきます。

個人的にはセーフティのついたものを使うべきだと思います。

特にお子さんがいる、または生まれる予定のご家庭ではケトルなどの使用頻度の高いものから安全面の高い製品へ変更することをおすすめします。

タイガー 魔法瓶 電気 ケトル 600ml ピンク わく子 PCF-G060-P

f:id:mintyqp:20171220203120p:plain

こちらの製品には「給湯ロック機能」が付いており、ロックを解除しない限り給湯が出来ません。

また、転倒してもお湯漏れを抑える構造になっているため、ヤケドのリスクを最小限に抑えることが出来ます。

安全面に配慮されたケトルで2012年にはキッズデザインアワードを受賞しています。

湯量が足りないという場合は下記の800mlタイプのケトルもおすすめです。

 ティファール 電気ケトル 0.5L ノヴェア ホワイト

こちらはケトルの人気メーカー「ティファール」によって製造されている商品です。

こちらも給湯とロックを切り替えることが出来、安全性が高いです。

「ティファール」らしいオシャレなデザインも健在なこのモデル。

こちらも湯量が足りない場合は下記の800mlタイプをおすすめします。

電気ケトルの危険性とは。安全に使えるケトルはこれ!のまとめ

現状では安全性の高いケトルとそうでないもの、その両方が混在しています。

ケトルを購入する際は是非安全性の高いものを選んでいきましょう。

安全性の高い商品を選ぶことで未然に不幸な事故を防ぐことになります。

安全に便利にケトルをつかっていきたいですね。

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

就活アドバイザー 人事部での採用担当としての経験と自身の苦労した就活体験をもとに 就活をサポートするサービスを発信し、就活・転職者を応援している。 家電、ガジェットブロガーでもあり、様々な便利アイテムをブログを通して紹介している。