スポンサーリンク

ブログ初心者がアドセンス合格のために意識した4つのこと

(2018年1月25日追記)

f:id:mintyqp:20180125224525p:plain

どーも。ブログ初心者ぐーがー(@googer_blog)です。

申請から12週間を要しましたが、とうとうアドセンスが承認されました!!

アドセンスの審査は意外と厳しいということでしたが、初心者ブロガーの私でも一発で合格することが出来ました。

ということで今回はアドセンス審査に合格するために私が意識したことを書いていこうかと思います。

初心者ブロガーでも出来たのでおそらくこれから記載することを守ればアドセンス審査合格に一歩近づくはずです!

ブログ初心者がアドセンス合格のために意識したこと

大前提 無料版のはてなブログではアドセンスを利用できない!!

f:id:mintyqp:20180125224832p:plain

アドセンスの審査を受けるためには独自ドメイン(お名前.comなどで自らが取得したURLのこと)を取得する必要があります。

無料版のはてなブログでは独自ドメインを自身のブログで使用することが不可能ですので、アドセンスを利用することが出来ないのです。

はてなブログでアドセンスを利用したい場合は、有料のはてなブログPROに切り替えを行いましょう。

ちなみにはてなブログPRO1ヶ月コース月1,008円、1年コース月703円、2年コース月600円で利用が可能となります。

f:id:mintyqp:20171128203729p:plain

はてなPROは有料ですが、アドセンスを活用すればこの金額をペイ出来るという見方もあります。

(というか、アドセンス審査に合格したからにはそれ以上の金額を稼いでいきたいですが・・・)

ブログで稼いでいきたいのであれば、思い切ってPROに切り替えることをオススメします!

その1 毎記事1000字以上を意識してブログを書く。

1記事辺りの文字数が少ないブログは審査に通りにくいと話を聞きます。

まあ巷では1記事当たり500文字のブログでも審査に通っているようですので、「文字数の少なさというよりは中身の薄さ」をチェックされているのかもしれません。

ただ、文字数が多ければSEO対策」にも繋がるようですし、文字数が大いに越したことはありません。

私は毎記事「最低1,000文字」という基準を設けてそれを必ず守るようにしていました。

1,000文字ならそこまで苦ではありませんし、例え最初は辛かったとしても慣れてくれば本当にへっちゃらになります。

噂は色々ありますが、私は「最低1,000文字」でアドセンス審査に合格しました。

アドセンス審査に向けて「毎記事何文字書くべきか」迷っている方は「最低1,000文字」を意識してブログを書くことをオススメします。

その2 単なるブログにとどまらず「人の役に立つような文章を書く(書こうとする)」

f:id:mintyqp:20171128204205p:plain

いくら1,000文字書いたからといって、それが単なる自分の日記では意味がありません。

要は「日記なんて書いてても誰も見ないよね。なら、広告載せても意味は無いよね」っていうことでしょう。

もちろん一部の有名人なんかは日記でもわんさか人が集まるんでしょうが私みたいな名も無きブロガーが日記を書いても誰も見てくれませんよねwww

だからこそ人の役に立つ文章を書くのです。

そういった文章であれば人に見てもらえる可能性が高まりますからね。

私も当初は自分語りの記事が多かったですが、途中から軌道修正をして、人の役に立ちそうな記事も書くようにしています。

もちろん、そればっかりだとつまらないので自分語りは継続していますが・・・

誰しも自分の得意分野はあるはずです。

ニッチでもいいと思います。

まずは自分の得意分野の記事で良いと思うので、人の役に立ちそうな記事を執筆してみましょう。

 

その3 ある程度記事を書いてから申請をする

1,000文字という決まりを守っているからといって、記事数が少なければアドセンス審査から落ちてしまう可能性があります。

極端な話、1,000文字書いていても記事数が1とか2とかだったら通るわけ無いですよね。

ブログの中身が薄すぎますし、継続性も危ぶまれます。

私はとりあえず3ヶ月ブログを続けられたらアドセンス審査を受けようと思っていました。

何故3ヶ月という期間にしたのかというと、私自身がブログを続けられるかどうかを試したかったためです。

はてなブログではアドセンス審査の前に

「独自ドメインの取得」

「はてなブログPROへの切り替え」

を行う必要があります。

それらの手続きは費用がかかるもの。

「ブログを放置して無駄なお金を払い続ける」ということが無いようにしたかったんですね。

なので、自分のやる気の確認も込めて3ヶ月という期間を自分に課したのです。

3ヶ月で積み上げた記事は約40

1,000文字の記事を40執筆した結果、アドセンス審査に合格することが出来ました。

合格の最底辺が何処なのかは分かりませんが、この状況であればアドセンス審査に合格する可能性はかなり高まることでしょう。

審査が不安な人は是非「3か月40記事」を目標にブログを運営してみてください。

 

その4 ブログに行き過ぎた下ネタ、暴力的な表現を書かない

f:id:mintyqp:20171128204529p:plain

ここは手短に説明していきますが、まあ要は犯罪行為等、アウトな事を自慢しているブログに広告がつくわけはないってことです。

下ネタもNGという話でしたが、そこまで過激でなければ過剰に反応されることはないみたいです。

バカッター然り、社会的にアウトなことはアドセンス審査不合格以前に社会的に深刻なダメージを自らが受ける可能性がかなりありますので、注意しましょう、というかしない方が懸命です。

 

初心者ブロガーでもアドセンス審査は合格できます!

f:id:mintyqp:20171128204744p:plain

私は

  • 最低1,000文字を意識する
  • 人の役に立ちそうな文章を書く
  • 3ヶ月(40記事)ブログを続ける
  • コンプラ違反な文章を書かない

これらを守った結果、アドセンス審査に合格することが出来ました。

初心者ブロガーでもコツコツ記事を作っていけばアドセンス審査合格にたどり着くことが出来ます!

審査でお悩みの方はこちらの基準を参考にしていただければと思います。

アドセンス審査には確かに合格することが出来ましたが、まだ「ブログで稼ぐ」のスタートラインに立ったに過ぎません。

これからが本番だと思うので更なる躍進に向けて日々精進していきたいと思います!

おしまい

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

就活アドバイザー 人事部での採用担当としての経験と自身の苦労した就活体験をもとに 就活をサポートするサービスを発信し、就活・転職者を応援している。 家電、ガジェットブロガーでもあり、様々な便利アイテムをブログを通して紹介している。