スポンサーリンク

【2018年】安い・便利・コスパ最強!おすすめロボット掃除機ランキング

※2018年8月2日更新

ロボット掃除機というと大体の方が想像されるのは「ルンバ」ではないでしょうか。

確かにルンバは高性能、そしてロボット掃除機界で圧倒的なシェアを誇っています。

ですが、値段が高く購入のハードルが高いことも事実です

スケジュール予約機能等が付帯された性能の良いルンバを購入しようとすると30,000円以上のコストがかかります。

ルンバより安くかつコスパの高い「ロボット掃除機」は存在します。

今回はそんな安くて使えるおすすめの「ロボット掃除機」をランキング形式でご紹介していきます。

コスパ最強のロボット掃除機を導入して手間要らずの掃除を手にしてみてはどうでしょうか。

ロボット掃除機とは

ロボット掃除機とは自動で部屋を掃除してくれる新しいタイプの掃除機です。

ルンバが一番有名ですよね。

スイッチを押すだけで勝手に掃除をしてくれるので、手間がかかりません。

  • 掃除をする時間が無い
  • 掃除をするのが面倒

そんな方にロボット掃除機は重宝されています!

ぐーがー
以前はロボット掃除機といえばルンバ一強でしたが、今では様々な安くて使えるコスパの良いロボット掃除機が存在しています。

ロボット掃除機を利用する上での注意点

ロボット掃除機を利用する上で注意すべきこと、それは床にロボット掃除機の障害となる物を極力置かないということです。

床に物を置いてしまうとロボット掃除機の清掃の邪魔となってしまいます。

ロボット掃除機にとって床にある障害物は「致命傷」です。

ロボット掃除機導入の前に物や配線の配置を考え直すことをおすすめします。

ぐーがー
ロボット掃除機を導入したことにより床に物を置かなくなり、部屋がきれいになるという二次効果がありました(笑)

安い・便利・コスパ最強!おすすめロボット掃除機の選び方

ロボット掃除機は

  • 走行パターン
  • 清掃機能
  • 清掃スケジュール機能
  • 自動充電機能
  • 最大稼働時間
  • その他おすすめ機能

に注目することで自分に合ったおすすめロボット掃除機を選ぶことが出来ます。

ぐーがー
自分がどうロボット掃除機を使いたいか、具体的にイメージすることでより自分にあったロボット掃除機を選ぶことが出来ます。当記事ではそのお手伝いをしていきます!

走行パターン

ロボット掃除機には大きく分けて

  • マッピング方式
  • 自走方式

の2通りの走行パターンがあります。

それぞれの機能、価格への影響を下記表にまとめてみました。

〇走行パターンによる機能、価格の違い

走行方式 機能 価格の違い
マッピング方式 空間を把握し、効率的で無駄のない清掃 自走式に比べ高い
自走式 ランダムに走行(清掃に若干ムラが出てしまうことも) マッピング方式に比べ安い

 

上記表からも分かる通り、おすすめはマッピング方式のロボット掃除機になります。

一方で自走式を選択すべきでないかというとそういうわけではありません。

自走式はマッピング方式に比べ価格が安く、ご家庭に導入しやすいです。

また、自走式の中には「壁沿い走行」、「バンパー走行」等多彩な走行機能を備えたロボット掃除機があります。

〇走行機能の例(ツカモトエイム AIM-RC21

 

確かにマッピング方式に比べると部屋を綺麗にしてくれるまで時間がかかりますが、多彩な走行機能により、清掃のムラは非常に少なくなっています。

  • 清掃に完ぺきを求めるのであれば「マッピング方式」
  • 多少のムラを気にせず安くロボット掃除機を使いたいのであれば「自走式」

を選択しましょう。

ぐーがー
ちなみに僕は自走式の「ILIFE V3s Pro」を使っていますが、多彩な走行機能により部屋を常に綺麗にしてくれていますよ。

清掃機能

ロボット掃除機の中には通常の吸い込み清掃に加えて

  • 水拭き清掃
  • モップ拭き清掃

を行ってくれるものもあります。

吸い込み清掃だけでも十分部屋を綺麗にすることは可能ですが、こういった付加清掃機能を活用することでより部屋を綺麗に清掃することが可能になります。

ぐーがー
格安モデルの中にも水拭きやモップ清掃をしてくれるロボット掃除機はあります。

清掃スケジュール機能

清掃スケジュール機能とは予約をして時間になったらロボット掃除機が自動的に清掃をしてくれる機能です。

時間を設定すれば家にいないタイミングでの清掃も可能になるため非常に便利な機能です。

帰宅時間が遅くて平日中々掃除をすることが出来ない、という方も清掃スケジュール機能を利用すればいつでも清掃することが可能になります!

自動充電機能

自動充電機能は清掃終了後にロボット掃除機が充電スポットに自動的に戻るという機能です。

これによりいちいち手動で充電する必要がなくなります。

ロボット掃除機を全自動で利用したいという方におすすめの機能です。

最大稼働時間

部屋が大きくなれば大きくなるほど、ロボット掃除機が清掃を終えるまでに時間がかかります。

「何時間で何畳清掃が出来る」という基準があればよいのですが、そういったものは現状では特にありません。

私の個人的な利用状況になってしまいますが、最大2時間利用可能な「ILIFE V3s Pro」で約16畳ほどの部屋を清掃しています。

このことから最大稼働時間約1時間のロボット掃除機であれば、6~8畳の部屋であれば楽々清掃が可能だと考えられます。

ワンルームの清掃であれば最大稼働時間45~1時間程度のロボット掃除機で十分ですが、心配な方はよりバッテリーが持つロボット掃除機の購入をおすすめします。

その他おすすめ機能

ロボット掃除機には様々なおすすめ機能があります。

下記にある機能もごく一例に過ぎませんが、こういった付加機能があることで更に便利にロボット掃除機を利用することが可能となります。

〇ロボット掃除機のおすすめ機能

機能 効果
段差認識 段差を認識して段差からの転落を防ぐ
リモコン リモコンを利用した遠隔操作、予約等が可能
アプリ スマホアプリによる操作が可能
バーチャルウォール 専用のユニットを床に配置することでロボット掃除機の侵入、清掃を防ぐ

安い・便利・コスパ最強のおすすめロボット掃除機ランキング

第1位 BESTEK  BTA9

価格:19,800円

この値段でこの機能は「破格」の一言につきます。

BESTEK  BTA9はこの価格帯ではありえないマッピング機能が搭載されています。

空間を把握し、無駄の無い最短経路での掃除をしてくれます。

空間を把握しているのでランダムに走行している「自走式」タイプのものに比べてゴミをより細かく拾ってくれます。

その他、「予約掃除機能」、「アプリ、リモコンでの操作」など多彩な機能を搭載。

BESTEK  BTA9はコスパ最強!超おすすめのロボット掃除機です。

 

BTA9 詳細機能

搭載機能

BTA9

備考

本体サイズ(cm)

直径34
×
高さ11

重量(kg)

3.5

最大稼働時間(分)

120

走行方法

マッピング

マッピング 空間を把握して効率よく清掃
自走 ランダムに清掃

段差認識

段差から落ちない

スケジュール予約

予約した時間に清掃する

自動充電

清掃後充電器に自動で戻る

リモコン付属

遠隔操作等が行えるリモコン

アプリ付属

遠隔操作等が行えるアプリ

第2位 ILIFE V3s Pro

価格:16,800円

こちらは我が家でも走っているおすすめロボット掃除機です。

「スケジュール予約」、「リモコン操作」など多彩な機能を搭載しています。

リーズナブルかつ機能性の高い製品です。

タイムセール等でこの価格から更に安くなることが度々ありますので、そういったタイミングを狙って購入することをおすすめします。

▼ILIFE V3s Proの詳細レビューはこちら

【レビュー】ILIFE V3s Proは1万円台で買えるコスパ最強のロボット掃除機

2018.01.14

ILIFE V3s Pro 詳細機能

搭載機能

ILIFE V3s Pro

備考

本体サイズ(cm)

直径30
×
高さ8

重量(kg)

2.2

最大稼働時間(分)

120

走行方法

自走
(4種類の清掃機能)

自動(通常モード)
スポット(一か所を重点的に清掃)
エッジ(壁際を清掃)
スケジュール(予約清掃)

段差認識

段差から落ちない

スケジュール予約

予約した時間に清掃する

自動充電

清掃後充電器に自動で戻る

リモコン付属

遠隔操作等が行えるリモコン

アプリ付属

×

遠隔操作等が行えるアプリ

 

第3位 ツカモトエイム AIM-RC03

価格:9,350円

1万円以下で買えるロボット掃除機です。

操作は本体にあるスイッチ「オン」と「オフ」だけ。

リモコンで操作をしたり、自動で充電をすることは出来ませんが、「らせん走行」、「バンパー走行」、「壁沿い走行」など複数の清掃機能を搭載し、90%以上の清掃をカバーしてくれます。

落下防止センサーを搭載していますので、掃除中に段差から転げ落ちて動かなくなるというようなことはありません。

▼ツカモトエイムおすすめのロボット掃除機はこちら

【1万円以下で買える】ツカモトエイムおすすめロボットクリーナーランキング

2018.06.08

AIM-RC03 詳細機能

搭載機能

AIM-RC03

備考

本体サイズ(cm)

直径約23.5
×
高さ7.5

重量(kg)

約1.2

最大稼働時間(分)

50

ゴミ容量(ml)

163

走行パターン

3種類

らせん走行
壁沿い走行
バンパー走行

段差認識

段差から落ちない

スケジュール予約

×

予約した時間に清掃する

自動充電

×

清掃後充電器に自動で戻る

リモコン付属

×

遠隔操作等が行えるリモコン

アプリ付属

×

遠隔操作等が行えるアプリ

ちなみに値段が高くはなりますが、ハローキティコラボモデルもあります。

価格:10,800円

第4位 ILIFE V5s Pro

価格:21,900円

「ルンバ」と「ブラーバ」、その両方の機能を兼ね揃えたハイブリットロボット掃除機です。

ILIFE V5s Proのおすすめすべき点は「清掃」だけでなく「水拭き」も出来るということ。

ILIFE V5s Proに「専用マット」、「水入りタンク」を搭載させることで水拭きができちゃうんですね。

ランキングの中では少し金額が高いですが、「清掃、水拭き、両方を自動で行いたい!」という方にはかなりコスパの良いおすすめロボット掃除機です。

▼格安・高性能なILIFEロボット掃除機シリーズまとめはこちら

ILIFE(アイライフ) ロボット掃除機を徹底比較!おすすめはどれ?

2018.02.21

ILIFE V5s Pro 詳細機能

搭載機能

ILIFE V5s Pro

備考

本体サイズ(cm)

直径30
×
高さ8.1

重量(kg)

2.24

最大稼働時間(分)

120

清掃方法

吸い込み
水拭き

吸い込み・・・通常の清掃
水拭き・・・水、モップによる清掃

走行方法

自走
(4種類の清掃機能)

自動(通常モード)
スポット(一か所を重点的に清掃)
エッジ(壁際を清掃)
スケジュール(予約清掃)

段差認識

段差から落ちない

スケジュール予約

予約した時間に清掃する

自動充電

清掃後充電器に自動で戻る

リモコン付属

遠隔操作等が行えるリモコン

アプリ付属

×

遠隔操作等が行えるアプリ

 

第5位 V-BOT VBM01-MT

価格:5,480円

デザイン性の高いコンパクトサイズのロボット掃除機です。

注目すべきはその価格。

非常に安価なため、家庭に導入しやすい1台です。

機能は「清掃」のみ。

動作パターンがあるわけでもなくシンプルな自走式です。

単身者のワンルームや家の1室の清掃には向いていると思います。

VBM01-MTを上手く使えば安くロボット掃除機を導入できるでしょう。

VBM01-MT 詳細機能

搭載機能

VBM01-MT

備考

走行方法

自走

マッピング 空間を把握して効率よく清掃   自走 ランダムに清掃

段差認識

×

段差から落ちない

スケジュール予約

×

予約した時間に清掃する

自動充電

×

清掃後充電器に自動で戻る

リモコン付属

×

遠隔操作等が行えるリモコン

アプリ付属

×

遠隔操作等が行えるアプリ

最大稼働時間

45


安い・便利・コスパ最強のおすすめロボット掃除機ランキングまとめ

コスパの良いおすすめロボット掃除機を紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

「安い」だけではなく機能的なものばかりだったと思います。

ルンバだけがロボット掃除機ではなく、ルンバの他にもおすすめ出来るロボット掃除機たくさんあるとご理解いただけたと思います。

自分の使用用途に合わせてロボット掃除機を購入し、掃除の時短を行いましょう!

▼ロボット掃除機だけじゃない!生活を時短してくれる便利家電はこちら

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

就活アドバイザー 人事部での採用担当としての経験と自身の苦労した就活体験をもとに 就活をサポートするサービスを発信し、就活・転職者を応援している。 家電、ガジェットブロガーでもあり、様々な便利アイテムをブログを通して紹介している。