スポンサーリンク

ワイの飲み物のおすすめで打線組んだったwwwww

色々な飲み物

飲み物は案外生活に彩りを与えてくれるものだと思っています。

仕事中にちょっと飲む飲み物とか、風呂上がりのコーヒー牛乳とかもそうです、飲むだけでそれはもう幸せな気持ちになれます。

今回は私の大好きな飲み物たちで打線を組んでみようと思います。

(実は打線を組むのがメインとかそんなことは口が裂けても言えません。打線を一度組んでみたかったんですよねwww)

個人の感想ですのでおすすめの飲み物があれば是非教えてください!

ワイのおすすめの飲み物の打順

  1. 午後の紅茶 無糖 (中)  
  2. マックスコーヒー (二)
  3. ジャスミンティー (遊)
  4. 紅茶花伝(期間限定)(三) 
  5. バンホーテンココア (右)
  6. オランジーナ (一)
  7. ドクターペッパー (左)
  8. 特茶(ジャスミンティー) (捕)
  9. コカ・コーラ (投)

 

【ワイのおすすめの飲みもの①】午後の紅茶 無糖

赤でも黄色でも白でもなく無糖!!

無糖の美味さに気が付いたのは奇しくもブラック企業インターン時代であった。

とにかくさっぱりとした爽やかな飲み物。

飲んだ後のほのかな紅茶の匂いも爽やかさを後押ししてくれる。

このスッキリとした味わいは無糖でしか表現できないのだ。

私のブラック企業時代を支えた一杯でもある。

【ワイのおすすめの飲みもの②】マックスコーヒー

別名「ちばらぎコーヒー」。

千葉、茨城、栃木という謎のチョイスで販売されていたコーヒーであったが、現在は全国で販売されているようだ。

マックスコーヒーという茨城のアイデンティティが事実上消失し、魅力度の更なる低下を招いたのは言うまでもないだろう。

コーヒーと練乳を混ぜた飲み物。

故にとにかく甘い。

たまに無性に飲みたくなる飲み物である。

【ワイのおすすめの飲みもの③】ジャスミンティー

ジャスミンティーとの出会いは大学入学したての頃。

気まぐれで買ったジャスミンティーの飲みやすさと飲んだ後のジャスミンの香りが私の琴線に触れた。

以降、お茶と言えばジャスミンティーを飲むことが多い。

後述するが現在、ジャスミンティーは「女房役」という別の形で私の人生を支えてくれている。

【ワイのおすすめの飲みもの④】紅茶花伝(期間限定)

夏限定の飲み物。

甘さが絶妙に控えめでゴクゴク飲める。(ひかえめ故にカロリーも低い)

会社の自販機で出会いヘビロテしていたのだが、季節の変わり目に突如消失してしまった。

私が悲しみに明け暮れたのは言うまでもない。

来年はこの教訓を活かして、箱買いしてストックしておこうと思う。

【ワイのおすすめの飲みもの⑤】バンホーテンココア

中学時代の盟友。

何故か、中学にあった自販機でこのココアだけが格安で販売されていた

そのため「ココアはやっぱりバンホーテン」が少年時代より染みつき今に至る。

ぶっちゃけ味の違いはいまいちよく分からないが、子どもの時分から染みついてしまったことは中々変われない。

今もココアが飲みたくなるとついつい選んでしまうのだ。

【ワイのおすすめの飲みもの⑥】オランジーナ

(私の中の)かつての4番。

かつてはこのオランジーナをしこたま飲んでおり、その愛故にオランジーナTシャツのキャンペーンに当選したほどだった。

f:id:mintyqp:20180105233538j:plain

 4年ほど前に当選したTシャツ。今も現役のパジャマとして活躍している

今では当時の勢いはなりを潜め元4番のロートルといったところ。

オランジーナ選手が私の中で輝きを再び取り戻すことはあるのだろうか。

今後のテコ入れに期待である。

【ワイのおすすめの飲みもの⑦】ドクターペッパー

海外からやってきた打率低め、当たればめちゃめちゃ飛ぶ典型的助っ人選手。

基本的には飲む気になれないのだが、時たま無性に飲みたくなる。

そして飲んでみるとあのケミカルな味に当てられて

「もうしばらくはいいかな」

と思う。

それを人生のサイクルの中で繰り返している。

次の周期はいつ来るのだろうか・・・

【ワイのおすすめの飲みもの⑧】特茶(ジャスミンティー)

現在の私の「女房役」

私の軽いダイエットを支えてくれている。(おそらくプラシーボ効果的な意味で)

相変わらずすっきりとした香りを放ち、苦みの強い特茶が非常に飲みやすくなっている。

現在は箱買いして1日1本飲んでおり、猫が尻尾を巻いてで逃げ出すくらい特茶のペットボトルが自宅に存在している。

【ワイのおすすめの飲みもの⑨】コカ・コーラ

コーラといったらやっぱりこれ。

ダイエットやゼロではなく、このコーラでないと味がしっくりこない

できれば缶か瓶がいい。

雰囲気で味がさらに良くなる。

ファストフード店で注がれるちょっと気の抜けたコーラも美味い。

コカ・コーラは同じ味なのに、いろんな楽しみ方があるのだ。

まとめ~飲み物と自分、中々色々なエピソードがあった!~

個人の感想になってしまうんですが、おすすめの飲み物のまとめ、非常に楽しかったです。

意外と飲み物と自分のルーツみたいなものがあって、きっかけがあって飲み物が好きになったんだなーと改めて認識しました。

打線に選んだ飲み物の中でもオランジーナとかドクターペッパーのようにしばらく飲んでいない飲み物もあるのでこれを機会に飲んでみようかなと思います。

今回はかなり緩いテーマでしたが、個人としては楽しく書くことが出来たので今後はこんな感じの緩いテーマももう少し書けたらいいなと思っております!

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

就活アドバイザー 人事部での採用担当としての経験と自身の苦労した就活体験をもとに 就活をサポートするサービスを発信し、就活・転職者を応援している。 家電、ガジェットブロガーでもあり、様々な便利アイテムをブログを通して紹介している。