スポンサーリンク

家事は家電で時短出来る!超便利家電4選

(2018年1月30日追記)

f:id:mintyqp:20180130231720p:plain

最近、「家電で家事をシェアする」という趣旨のパナソニックのサイトがあります。

家事を家電で時短するということですね。
本当に良い考えだと思います。

家事が好きな方もいると思うんですが、私は生粋のズボラー。
家事なんて楽になればなるだけ良いと考えています。
多少コストがかさんだとしても、家電を買って家事を楽に出来たら最高です

そこで今回は家事を時短出来る超便利家電をいくつかご紹介していこうと思います。
既に我が家で導入済みのものもありますので、そこは実際の使用感なども合わせてお伝えしていきます。

家電で家事を時短してしまいましょう!

 

家事を家電で時短する!超便利家電4選

ロボット掃除機

価格帯:8,000~120,000円

毎日の掃除機かけ、面倒ではないでしょうか。
ロボット掃除機を使えば自分でせずとも勝手に掃除をしてくれます

価格帯は8,000~120,000円と幅広いですが、低価格帯の商品でも充分掃除をしてくれます
高級品は吸引力も確かに強化されてはいますが、100畳の掃除に対応しているとか一般の家庭では必要のない機能も付帯しているため割高になっているようです。

私のオススメは「ILIFE V3s Pro」。
私のブログの準レギュラーですw
価格も16,000円程で割りと購入しやすい値段だと思います。

また、価格の割に

  • リモコン付き(リモコン操作可能)
  • 掃除予約可能

などなどルンバだと30,000円程度出さないと得られない機能が付帯しています。

詳しくはレビュー記事も書いていますので合わせてどうぞ。

【レビュー】ILIFE V3s Proは1万円台で買えるコスパ最強のロボット掃除機

2018.01.14

使用感は一言でいえばとても便利だなと。
確かにちょっとした取りこぼしはあるんですが、毎回勝手に掃除をしてくれる中でそういった取りこぼしも拾ってくれます。

また、地味にリモコン操作がうれしい。
先日、誤って食器を割ってしまった際、リモコン機能のお陰で破片が飛び散る床を歩くこと無く掃除をすることが出来ました。
完璧を求めなければロボット掃除機はかなり良い働きをしてくれていると評価できます。

 

食洗機

価格帯:30,000~70,000円

食器洗い、水道代もかかるし、この時期は温かい水を使うためにガス代もかかります。
そして何より面倒・・・
食べた後って本当は何もしたくないんですよね。

そこで食洗機の出番です。
食洗機があればお皿を入れてボタンを押すだけで食器が勝手にキレイになっています。

「汚れって本当に取れるの?」
と思う方もいると思います。

実は私、実際に食洗機「NP-TA1」を購入致しましたwww
論より証拠ですからね。

お皿がどのくらいきれいになるのかレビューをしていきたいと思います。

(追記)

実際にNP-TA1のレビューをしました!
食洗機の使用感を見たい方は是非ご参照ください。
正に家事を時短する家具です。

食洗機「NP-TA1」レビュー!家事の常識が変わりました。

2017.12.24

また、賃貸だからと言って食洗機をあきらめている方!
賃貸だって食洗機は置けますよ!!

そして取り付けも業者に依頼せずとも自分達で取り付けが出来ます!
実際に食洗機の取り付けを自分で行って記事にしていますので、賃貸で食洗機の導入を検討している方はこちらも参照してください。

【食洗機】工事不要!分岐水栓の取り付け方を徹底解説

2017.12.22

食洗機も価格の幅が広いですがこれは50,000~70,000円くらいの価格帯のものを買ったほうが良いです。
理由は単純に容量です。
大きいフライパンを使ったりする場合、2~3人用のミニマルサイズのものではそもそも物が入りません。
大きな食器を使う場合は確実に大容量の食洗機をオススメします。
水道代もそこまで変わりませんよ!!

そして私がオススメする食洗機はもちろん購入した「NP-TA1」。
収納量もかなりありますし、金額も5万円台と高いは高いですがこのレベルの食洗機であれば抑えられているほうです。

金額を考えると中々手が出ないですが水量などは手洗いと比べ格段に減ります
トータルではかなりお得に活用することが出来ると思います。

 

洗濯乾燥機

価格帯:100,000~300,000

主に2017年の後半ですが、泣かされに泣かされたのがこの洗濯、というか乾燥
9~11月くらいだったでしょうか。
雨が酷かったですよね。
それはもう毎日といっても過言では無いほどに。
おかげさまで全然乾燥が出来ませんでした。(家の中もイマイチジメジメしていて・・・)

そこで乾燥機の導入を検討中。
乾燥機を使えばそもそも乾かす必要が無いので良いですよね。
「干す」という行為もとても面倒だったので、そこが省けるのも良いです。

もう洗濯機も結構使っているので合わせて替えてもいいのではとも考えています。
ただコスト的にとっつきづらいなと。

まだ精査の段階ではなく何となくドラム式が~とか思っていますが下手なパソコンより高い買い物になりますからね。
もう少し慎重に考えていきたいものです。

 

また、乾燥機だけを買うという手もありますね。
これだとコストは大幅に下がり36,000~60,000円程度。

うーん。単純に安いと言えばそうですが、安さに釣られて「安物買いの銭失い」になっても仕方がないですからね。
双方含めてもう少し個人的にリサーチをしていきたいですね。

 

自動調理器

価格帯:30,000~40,000

近年、自動調理機なるものが登場し、料理の自動化も進んでいます。
具材を切り、必要な調味料を投入。
スイッチ・オンで待てば出来上がり・・・ってやつですね。

確かにすごいんですけど個人的にはまだ自分で調理でいいかな~とも思ってしまいます。
料理ってやっぱり加減が大事だと思うので自動調理器で失敗は無くなりましたが、同時に均一な味になってしまうとも思うんですよね。

まあ自分で調味料の分量を変えればいいのではという話もあるとは思いますが・・・
うーん、個人的にはおふくろの味を大事にしたいなぁと思います。

あと決められた量しか調理できないってのも痛いですね。
大人数が来ていざ調理ってなった時に自動調理器だと全員分作れないから無理!なんてことになったら本末転倒ですから。

個人的にはまだまだ未来のアイテムですね。
今後更なる改良の余地があると考えます。

まとめ~大抵の家事は家電で時短できる世の中になりました~

4つの家事を時短出来る家電をご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。
もう既に1つの時短家電ジャンルとして成熟して広く実用できそうなものから、まだちょっと未来の家電だなと思うものまで様々ありました。

現在我が家では「ロボット掃除機」、「食洗機」を導入済みです。
今後も時短家電を導入して更にズボラな生活が送れるようになることを目論んでいます。

おしまい

スポンサードリンク