スポンサーリンク

意味のない残業ほど無駄なものはない

どーも。現在、引越し準備に勤しんでいるぐーがーです。

引越しは大変ですね。新居は楽しみですがそれまでにかかるお金労力は中々なものです。

引越しをしてみて分かるノウハウなどもあると思うのでそういったものはそのうちブログ化してみたかったり。

そんな引越しで大変なぐーがーですが先日たった5分のために1時間も残業をさせられたのです。

これは本当にありえない話だと思います。

何故1時間も無駄な残業したのか

事の発端は我が部の厄介なおばさん課長(通称BBA)から急に声をかけられたことから始まります。

このBBA、今後ぐーがーの日々ログでは欠かせない存在となっていくはずです。

何故ならBBAは

「B○SE社もビックリなスピーカー能力」

「誰にも何も言わずに勝手に意味のわからない仕事をする遂行能力」

「仕事をするとミスをほぼする正確さ」

「人に直接批判されても全く動じないラブコメの主人公もビックリの鈍感力」

等を持つハイスペックな存在で社内で相当疎まれている存在だからです。

そしてBBAは何故か現在、社内の採用担当として君臨しており、私は採用の業務も受け持っているため一緒に仕事をすることが頻繁にあるのです。

ちなみにもちろんBBAの行う採用活動はボロボロです。というか何をやってもボロボロなのです。

そのためBBAを異動させたくとも他部所より拒否され続け人事部にて幽閉しているような状況です。

そんなBBAからメールを送るという単純な作業のためにぐーがーは1時間も待たされたのです。

本当は自分でやれよと言いたい

メールを送るなんてのは誰でも出来ます。寧ろ人を1時間も待たせるくらいであれば自分でやればいい。

ですが、BBAはこれが私(ぐーがー)の成長に繋がると考えており私に課した仕事なのです。

BBAがどんな発想からこの仕事が成長に繋がると考えたかは分かりませんし、分かりたくもないですが部下が上司に口答えをするのはかなりエネルギーのいることです。

子は親を選べませんが、部下も上司を選べません。

せめてもう少し仕事の振り方とマネジメントスキルを向上させてほしいと思います。

ぐーがーの日々ログでは会社での仰天エピソードも書いて行きます

そんなこんなで私は東京の企業で消耗する毎日を送っています。

ブログに綴ることを悩んでも仕方がないのでこういった日々の愚痴もこのブログに書いて行きたいなと思っています。

では、ネットでも絶賛コミュ症を発現しているぐーがーでした!

スポンサードリンク